電磁波過敏症
電磁波過敏症対策アイテム「電磁盤」

電磁波攻撃、嫌がらせ対策グッズ、有害電磁波中和装置「でんじ・ばん」を紹介します。

カネマサオンラインショップ

カネマサオンライン・ショップ

カネマサオンライン・ショップ

商品画像をクリックすると詳しい説明が表示されます。カネマサオンライン・ショップ


電磁波過敏症・電磁波攻撃防御グッズとしてお勧めです。
過敏症の自覚症状があっても対策がなく、苦しんでおられる方を対象にしたこだわり製品です。
風水や室内の波動環境改善にも活用できます。
電磁波過敏症の症状対策電磁波中和装置は過敏症で困っておられる方を対象といたしております。
電磁波過敏症の症状対策「でんじ・ばん」は、大量生産品ではありません。
すべて1個づつ、丁寧に手造りした東洋医学の考え方から生まれたオリジナル製品です。

5,000円

携帯電話の電磁波に脳腫瘍リスク WHO組織が指摘
世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)が、携帯電話の電磁波による脳腫瘍リスクには「限定的な証拠が認められる」とする結果を公表。 [ITmedia]
 世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)は5月31日、携帯電話の電磁波と脳腫瘍リスクについて過去の調査を評価した結果、携帯電話の電磁波による脳腫瘍リスクには「限定的な証拠(limited evidence)が認められる」とする結果を公表した。  同組織が携帯電話の電磁波による脳腫瘍リスクの可能性について認めたのは初めて。  14カ国の31人によるワーキンググループが24~31日に会合を開き、欧米の過去の調査結果などを評価した。 Copyrightc 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved

嫌がらせ・悪意のある電磁波攻撃に対応策はあるのか
電磁波攻撃って、何のこと?テレパシー光線銃って何?


いきなり「電磁波攻撃」というと何だかSFの世界のことのように思われがちですが、戦前日本でも電磁波兵器の開発が試みられていました。

当時の技術力では兵器の完成までには至らなかったのですが、初歩的な原理は電子レンジに似たような発想だったようです。

その存在が現実に具体性を帯びてきたのは、かっての米ソの冷戦時代にモスクワの米国大使館が密かに電磁波攻撃を受けていたという海外情報に接したときでした。

外交上の見えない嫌がらせ、陰湿な攻撃として出てきたもので、大使館職員の体調不良が続いたことで調査されて発覚したといいます。

これにはとても驚いた記憶があります。 このときはただ単純に、電磁波を使って何らかの嫌がらせや身体攻撃が出来るということにまず驚いたというわけです。
これらはすべて平和な日本では議論されることのない、いわゆる欧米の軍事医科学分野の情報ということになります。

マイクロ波の危険性 法の外にいる御用学者達

マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器『MEDUSA』:「サブリミナルメッセージも」(「テレパシー光線銃」)マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器『MEDUSA』:「サブリミナルメッセージも」
マイクロ波聴覚効果(フレイ効果)を使って、脳内に音を発生させる非殺傷型兵器『MEDUSA』。

「新しいタイプの人権侵害と暴力」Finland首席医務官Kilde医学博士の論文
Microchip Implants, Mind Control, and Cybernetics By Rauni-Leena Luukanen-Kilde, MD Former Chief Medical Officer of Finland
December 6, 2000
英文抜粋(*コメント欄に全文の邦訳あり)

【電磁波の種類】

[低周波 → → → → → → → → → → → → → 高周波]

超長波 長波 中波 短波 マイクロ波 ミリ波 赤外線 可視光線  紫外線 X線 ガンマ線
[→・・ 電波」・・← →・・「光」・・ ←  → ・・「放射線」・・←]

光や電波、音波、放射線は物理学でいえばすべて電磁波であって、電磁場を伝わる波動の振動数によっては放射線のように生命を脅かすような高エネルギーの電磁波も存在することになります。

しかもその電磁波の種類によっては目に見えませんから、たとえ被曝してもまったく気付かないわけです。

医療用に使われるマイクロウェーブ治療器などですと、体の深部まで電磁波が浸透して細胞が振動するのである種の温かみを感じます。

調理に使われる電子レンジは高出力で食品を短時間で温めることが可能ですし、温めるということでは原理は同じです。

人体内や食品などに含まれている水分子が、電磁波照射されることによって激しく振動し熱が発生するというものです。

現在では工業用のレーザー加工機や医療用のレーザー、さらに欧米ではすでに本格的なレーザー兵器などが開発されていますが、これらは物理的に光(電磁波エネルギー)を増幅し収束させて周波数を一定に保ちながら指向性を高めたものです。

これらはある程度振動エネルギーが高い波動が使われているのですが、一般には同じ原理でレーザーポインターなどが市販されています。

商品としては安全基準に適応した物が売られているのですが、それでも使用する際にはいくつかの注意点が挙げられています。

それには、
・レーザーポインターを人体に向けては照射しないこと。
・本来の目的外の用途では使用しないこと。
・鏡やガラス等の正反射するものに向けて照射しないこと。
・レーザー光線は直接目に入ると網膜に障害を起こす危険性があるので、レーザー光線を絶対に直視したりのぞいたりしないこと。
・レーザー光線は性質上かなり遠くまで光の出力が減衰せずに直進し到達するので屋外では使用しないこと。
・レーザー光線が目に入った場合は、直ちに専門医の診察を受けること。
・レーザーポインターを子どもに使わせないこと。

といった項目があります。

ご存知のようにレーザーポインターの光線はとても指向性の強い光線です。

最近ニュースにもなりましたが、はるか上空を飛行する航空機のパロットの目にまで届くような指向性があるのです。

低出力のレーザーポインターでさえも使い方によっては、人体の感覚器である目に障害を与える危険性があるということなのです。

「参考資料」(電磁波照射事件ニュース)
・中国人留学生、米旅客機にレーザーポインター照射して逮捕される―米華字紙 http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/409654/
・航空機にレーザー照射、19歳少年に有罪判決 米裁判所 http://www.cnn.co.jp/usa/35029986.html
・路線バスにレーザー光線、57歳無職男を逮捕 「ベランダから道に発射した」大阪府警 http://www.sankei.com/west/news/160225/wst1602250086-n1.html


同じように強烈な音(電磁波)は人体の感覚器である耳の聴覚を傷めることがあります。

皮膚も熱線(電磁波)や紫外線(電磁波)が強く働くと火傷や水泡が出来てしまいます。

つまり光線や音波という電磁波は、人体の感受性のある器官、受容器に対して度を超すと悪い影響を与える物理的エネルギーなのです。

現段階ではこうした物理的な電磁波が、人体のもっとも敏感な感覚受容体である目や耳、皮膚などに影響するということなのですが、それ以上の身体的精神的に影響はないといえるのかどうかまでは軍事医科学分野の情報に関わるわけで、その詳細は分かりません。

音や光という物理的波動は人体の感覚器官でそれぞれ感知できるわけですが、実はこうした電磁波により過敏に反応する人が少なからずおられます。

その場合も強い電磁波エネルギーがあるから、そこによりはっきりした身体的悪影響が出現しているのだとは一概にはいえないのです。

たとえば実例を上げますと、人によっては蛍光灯の真下だと気分が悪くなるとか、ヒゲ剃り機器を使うと調子が悪いとか、あるいは自動ドアの傍に近づくだけで体がビリビリすると訴えてくる方がおられます。

ここらの反応には個人差、個体差というものがあります。 こうした場合一般には電磁波過敏症だといわれていますが、意外なことにこれは正式な病名ではありません。

電磁波過敏症の症状の症状サイト

電磁波過敏症とは、医学事典にも一切記述がない仮の傷病名に過ぎません。 医療機関に行っても電磁波過敏症ということでは保険治療も一切受けられませんし、それに対応するような治療法とてありません。

電磁波過敏症は日本では医科学的な情報は整備されてはいませんし、認知されてもいないのです。

ですので、ここで電磁波攻撃といっても一般社会ではまったく認知されておらず、たとえそのような事態が出来していたとしても現状では加害者が摘発されたり処罰されたといった展開にはならないと思われます。

しかも現代社会では大量の電磁波が充満していますから、仮にそうした嫌がらせの手段がとられたとしてもその電磁波を特定することはまず不可能ということになります。

さらにいえば、一般論として今現在電磁波による身体への障害が認定されていない以上、実際には特定の電磁波で何らかの身体的被害を被ったとする証拠立てが出来ない可能性が非常に高いということになります。

しかしながら巷には個別に電磁波攻撃の被害を受けているとか、電磁波照射用の機器などもネット上には多くの情報として存在しています。

現代社会の世相を反映してそうした悪意を持った嫌がらせ攻撃を想定したり機器類を使用したりということは、当然考えられるわけでまったく無関心ではいられないことになります。

動物が嫌がる超音波(電磁波)を照射して、野良猫やネズミ、ハトを寄せ付けない専用機器も市販されている時代です。

コンビニ店舗前にたむろする若者だけに感じられる高音域の波動を照射して、その場から忌避させる方法もとられています。

人間とて生体に不快感を覚える波動域の電磁波に敏感に反応するのは当然のことではないでしょうか。

実際にネット上で「電磁波攻撃、嫌がらせ」で検索すれば多くの関連情報が出てきます。

ここでいえることは、出来るだけ不必要な電磁波は意識して身体に被曝しなようにして、電磁波環境を出来るだけ少なくする生活空間を造ることが重要だといえます。

それが個人レベルで出来る対応策であり、最良の防御策だと思います。

すでに欧米や中国では暴徒を鎮圧する目的で、非殺傷レベルの電磁波が使われようとしています。

暴徒をその場から速やかに退去させることのできる米軍の新しい非殺傷兵器「アクティブ・ディナイアル・システム(Active Denial System、ADS)」などがすでに登場してきています。

有効射程距離1キロの電磁波照射システムを標的に向かって作動させるもので、照射された暴徒は耐え難い「熱感」を全身に感じることになります。


このように電磁波照射だけで暴徒は簡単に制圧できるのです。


電磁波によるマインドコントロールについて
2012年9月にデンマークにてオープン・マインド・カンファレンスという、環境や健­康や政治などの幅広いテーマについて議論する国際会議が開催された時のDr.Henn­ing Witteによるインタビュー動画





電磁波、電界、BMI、BCI、それに類似する電磁波で人体がコントロールできる

(リンク)マインド・リーディング(思考盗聴)は犯罪だ!
https://www.youtube.com/watch?v=bB-xdFGZSgE

営業案内
●これらの商品についてご質問がありましたら、遠慮なくメールでお尋ね下さい。
メッセージは直接、店主に届きます。

受付時間 年末年始以外
年中無休
インターネット24時間受付



■ カネマサ・オンライン・ショッピング ■
〒830-0051 福岡県久留米市南2丁目21番39号
宇田整骨院内 カネマサ通販
電話/FAX 0942-21-1968

電磁波過敏症

ページトップに戻る