電磁波過敏症の症状電磁波過敏症の症状

波動環境・準静電界とは一体どのようなものなのか?

気配に気付くとは?

犬と散歩をしているとよく周囲の飼い犬からいきなり吠え掛けられる。

大抵はそれが相手の視野に入ってからであるが、ときには家の中から吠えられていることもある。

ずいぶんと手前から気付かれて吠えられる時もある。

明らかにこちらの気配を察知して、犬が敏感に反応しているのだ。

相手の犬は一体何に反応しているのだろうか?

こちらの歩く足音がそれほど犬の耳に感知されやすいのだろうか?

犬などの動物はその全身が体毛に覆われていて、体毛やヒゲが高感度のセンサーになっているのだという。

鼻の臭覚も敏感であって、散歩中の犬は人間とは違って膨大な臭いの空間世界をダイレクトに感じ取っているというか、まるで臭いの大海を嗅ぎまわって歩いているようなものだろう。

犬は降りかかる大気の香りの中を掻き分けて歩いているというようにも感じられるものであって、散歩中の犬は人間とは全く違った空間認識の感覚そのものを楽しく感じながらそれを体感として享受しているはずである。

だから犬は格別散歩が好きなのだと思う。


P1070584


私は体毛が濃い方なのでこの動物的感覚が何となく分かる。

涼しげな微風があるときなど、体の露出した部分の体毛が微妙に震える感覚が無性に心地よいのだ。

それは頭髪とはまったく違った感覚なのだ。

まわりの僅かな大気の流れがそれとなく分かる感覚である。

夏場には蚊が皮膚面に止まる瞬間が体毛センサーで素早く感知できるので、その一瞬のもわもわとした感覚と同時に素早く蚊を叩けるのだ。


武道の達人は、背後からいきなり斬り掛かれても素早く体をかわすことが出来る。

相手の気の気配を敏感に感知するのだという。

体毛で覆われている犬などの動物はこの感覚がより強く働いているように思える。

これは非科学的なことではなくて、生体には微弱な生体電流というものが流れていて体表面周囲にも物理的な準静電界が作られているのだという。

体を取り巻く様に準静電界が広がっているから、そこにはある種のセンサー的感覚が伴うのかも知れない。

周囲の気配とは、そういうものからダイレクトに感知されているものなのかも知れない。

この準静電界の微妙な変化を捉えて、武道の達人は相手の気配を察知するということになる。

同様に気功治療をする場合や東洋医学の中にはこうした人体の微細な準静電界レベル(経絡)の治療を得意とするセラピストもいる。

逆に東洋医学系の鍼灸師でもそうした現象を端からまったく評価しない方もいるからここらは面白い。

個人的なことであるが20数年前、この準静電界レベルの人体の経絡現象を探求した拙論を東洋医学の専門誌に発表したことがあったが、意外なことに同業諸氏よりは大学の研究者の方からの評価の方がはるかに好意的だったのは意外だった。

微弱な生体電流や準静電界という現象が捉えにくいだけに、当時は反発されたわけであるが、その時分にもすでに超電導センサー素子などの研究が進んでいた。

近い将来そうしたセンサー技術が確立すれば、医療分野ではさらなる精緻で優れた検査機器が登場してくるはずである。



これも準静電界なの?

痛みの治療をやっていると時たま不思議な症状を訴える方が訪れることがある。

ある日、とても不思議な方がみえた。

その方もあちこち医療機関で治療を受けられていたのであるが、まったく症状が改善しないままだと言われる。

その方は身体障害者であって、両足が不自由であるので付き添いの介護者と一緒に車椅子で来院されたのであった。

症状を詳しく伺うと、やはり通常の痛みの症状とは随分と変わっていると言わざるを得なかった。

不自由な両足がびりびりと電気が走る様な感じで、常に強い痛みがあるといわれる。

しかもここ何日かは、持続的な痛みがあって睡眠も思うように摂れない状態だといわれる。

十数年前、高所からの墜落事故で骨盤や腰椎、下腿骨を骨折損傷されたということで起立歩行が出来ないとのことであった。

腰部には、事故時に手術処置した時の金属性の固定具がいまだに入っているともいわれる。

今回の検査では、そうした固定部分にも何ら異常はなかったということであった。

結局のところ、今回の痛みの原因がはっきりせずに本人は憔悴した表情であった。

このようなケースは決して珍しくはないのだが、そうかといってこうした症状の痛みに頻繁に遭遇するというわけでもない。

「先生、この痛みをどうにかしてください」といきなりいわれても、これは大変である。

「このような痛みが出る前に、何か無理な作業とかされませんでしたか?」

車椅子での生活だけに活発に体動き回ることはないと思われるが、どこかに本人も気づかれていない生活上の動きの中に原因になるものがあるはずである。

「特別無理なことはしていませんが、先日ある会合に出たことがあります」

「会合ですか?」

「ええ、ある宗教団体の例会みたいなのに誘われたのですが、そのとき少しおかしなことがありました」

「おかしなことといいますと?」

「ええ、その会合にどこかの牧師さんが来賓で来ていて説教というか、話しながら時々ピアノをババーンと鳴らすんですが、どうしたことか、そのピアノの鍵盤が叩かれる度にその音が私の足全体に響いてとてもビリビリしました」

「いつもそのような感じがあるのですか?」

「いえ、そのときが始めてでした」

「いわゆる一種の宗教的なイニシエーションを受けられたわけですね」

「そうだと思います」

「それ以降何かいままでとは違った変化が足にありませんでしたか?」

そう尋ねると意外な答えが返ってきた。

「あります。それ以降なんですが、自宅近くにある祈祷所の前を車で通るとそのとき何故だか足に電気が走るみたいにビリビリします」

「そのビリビリというのは、イニシエーションのとき感じたものと同じような感覚ですか?」

「同じです」

「祈祷所以外でもその感覚が感じられるときはありますか?」

「○○町の通りとか、国道○○号線の○○の前を通過するとき必ず足がビリビリします」

「でしたら、市内の○○町の○○辺りとか、○○町の○○隣の○○場はどうですか?」

「えっ、先生分かりますか?そこもいつも感じます。先生、私の足がその場所でビリビリするって何故分かるんですか?」

ここまで話してくると、いよいよ本人は不思議そうな顔をされる。

「○○県との県境の道路を車で通ると必ず足がビリビリしますが、それなんかもみな同じ原因ですか?」と、聞いてこられる。

「通常の感覚でいうと、視覚では捉えられないものに影響されているということです」

「車の中で目をつぶっていてもその場所に来ると足がびりびりするから、いまその場所を通過しているのだということが自分には分かります。これは何かの祟りですか?」

「祟りなんかじゃありませんよ。その場の環境波動とでもいったらいいか、地場、土地がもっている一種の電磁波ですね」

「電磁波ですか?」

hf32d

「その場の雰囲気という表現がありますよね。明るい雰囲気、暗い雰囲気、楽しげな雰囲気、険悪な雰囲気とか。こうした雰囲気というのは言葉の上だけでなくて、実際にその場所の波動がそれぞれ微妙に違っています。人間には通常意識されてはいないのですが、そうした変化を敏感に感じ取るセンサーが無意識に働く場合があるわけです」

「私の足がそのセンサーというわけですか?」

「そうですね、周囲の波動環境に敏感に反応しているということになりますね。その場の殺気を足が感じ取っているのかもしれない。おそらくきっかけは最初のイニシエーションを受けられたときに、その波動に両足部分が強く共振し励起されたのだと思いますよ」

「どうしたら解消するのでしょうか?」

結局、この方の足がビリビリする土地や施設は、本人にとって波動環境が好ましくない居心地の悪い場所ということになる。

しかも足に鋭敏に反応が出る土地や場所というのは、過去において何らかの共通する痕跡があるということでもある。

それが何かということである。

話を伺っていくと次第にそれははっきりしてきた。

まず、足がビリビリ感じられる場所として、祈祷所、墓地、斎場であることがわかってきた。

それと処刑場跡。

戦国時代を含めての、古代の戦場跡。

占いに関係する人、その場所。

人が苦しんだであろう特殊な施設。

それらは何らかの強い人の念(波動)が刻み込まれたであろうと思える場所であったが、それに墓地、斎場までもが含まれているというのが意外ではあった。


これらにはどこかで「準静電界」というものが関係しているようだ。
これは非科学的なことではなくて、生体には微弱な生体電流というものが流れていて体表面周囲にも物理的な準静電界が作られている。

体を取り巻く様に準静電界が広がっているから、そこにはある種のセンサー的感覚が伴うということになる。

武道の達人たちは、みなこの特殊な感覚を身に付けるべく日々鍛錬する。

意識しなければ、通常は何も感知しないレベルのものである。

今回の場合は両下肢を損傷されているから、相対的にはその部分の血液の循環には機能的にも変化があったはずである。

あるいはそうした変化から東洋医学的な気のエネルギーの流れや気のキャパシティー自体に変化が及んでいたとも考えられる。

下肢は機能的にも制限されているとなると、それだけ下肢の気のキャパシティーは通常よりも小さくなっている。

そのことで、周囲の波動環境にも必要以上に過敏になってしまったとも考えられる。

相手が波動であるだけに、そこには共振や増幅といった物理的影響があったともいえる。
生憎とこのような話を人にしても、多くの場合狐につままれたような反応しか返ってこない。

見えない世界のことは、所詮認知されにくいのである。

それでも、人間が準静電界というものに包まれて生活していることだけは確かなことなのである。



食い物が怖い!?

人にはそれぞれ食物に好き嫌いといった嗜好がある。

どうしても酒が飲めない、なになにが食べられないという人はわりと多いものである。

若いとき友人の屈強な武道家に無理にビールを飲ませたら、一口飲んだら顔が真っ赤になってそのままぶっ倒れてしまい驚いたことがある。

友人は外見とは違って、アルコールをまったく受け付けなかったのである。

そのように苦手な食品があるとか、ただ嫌いというだけなら話はわかるが、それらに近づくのも恐ろしいとなると話は変わってくる。

もちろんあの「饅頭怖い」の類の話ではないのであるが、世の中には本当にアンコが嫌い、一口も食べられないという人もいるわけだからここらは奥が深いところである。

これに関していくつか江戸時代の奇談を集めてみた。

man.jpg

享保年間のことである。

御先手を勤めていた鈴木伊兵衛という人はどうしたことか百合の花が無性に嫌いであった。

あるとき茶会で仲間が四五人集まった席で、吸い物が出て皆が箸をとったのに伊兵衛だけが不快そうな顔をして落ち着かない様子であった。

いかにも機嫌が悪そうにみえ箸も取らない。

皆が一体どうしたのかと聞くと、「もしかしてこの吸い物に百合の根でもはいっているのではないか」という。

「いや貴殿が百合が嫌いなことは以前から知っていることだから、そのような無礼なことはしない」と、主人が言う。

そうこうしているうちに同席している一座のなかの膳に、なんと百合の絵が描かれているのがあったのである。

これには皆驚いてしまった。

すぐにこの膳を下げて取り替えてもらったところ、伊兵衛は元のように元気になったというのである。


次は鍼師山本東作の伝える話である。

土屋能登守(土浦城主・九万五千石)の家来に樋口小学という医師がいたが、この人は非常に鼠が嫌いであった。

あるとき同僚達で一緒に食事をすることになり、彼もこの席に招かれた。

ところがこのとき彼だけが少し遅れて来ることになったのであるが、皆で「以前から 鼠嫌いとは聞いているが、いかにも妙である。本当かどうか一つためしてみようではないか」、ということになった。

そこで鼠の死骸を持ってきて小学が座る席の畳の下に隠しておいて、そ知らぬ顔して待っいることにしたのである。

しばらくして小学がやってきたのでその席に座らせ、膳も出させた。

すると小学は急に顔色が悪くなり、全身から汗を流していかにも苦しそうな素振りである。

「どうしたのだ」、と皆が声をかけるがそれに答えることもできないほど弱りきった様子である。

いまさら鼠を隠していることなど言えば果たし合いになるやもしれず、皆はそのことには口に出せないまま交互に介抱するより他になかった。

小学が帰宅したいというので人を付けて送っていったが、後から聞いてみると、宿に帰って後はすっかり回復して何のこともなかったということであった──。(以上『耳袋』より)


二つの事例によれば、嫌いな物は恐ろしいほど徹底して嫌いなのである。

ではこのような状況を強いられた者が、極限までいくとどうなってしまうのか。

これについても江戸時代の記録が残されているので紹介しょう。

元禄時代の尾張藩の御畳奉行が書き残した日記に次のようなものがあった。

元禄七年の出来である。

ある男がどうしたことか、焼き味噌を極端に恐れるということで城下で噂になっていた。

それを聞いた藩主源敬公(初代義直)は、この男を直に試してみようと酒宴に呼び寄せ焼き味噌を肴に杯をたまわった。

公は例の男に声をかけられ、その焼き味噌を手ずから下されたのである。

男は焼き味噌を恐れながらも公の御前で逃げることもできないまま、仕方無く手を差し出し頂戴した。

だがその途端、いきなりその手が強直してしまい引くことも曲げることも出来なくなってしまったのである。

この事態に驚いた公は直ちに男を次の間に引き下がらせ、掌の焼き味噌を捨てさせるという騒ぎとなった。

ところがその後、この男の掌には赤黒く味噌の痕が醜く残り、次第にその部分から腐りはじめてやがて死んだというのである。──

このように過去の記録としては残ってはいるが、厳密な意味での因果関係は分からないところではあろう。

こうした事例をみてどう考えるかである。

普通であれば何のこともない無いものが、特定の人にとっては体に害をなすという事態である。

ある種のアレルギー症とみるか、ショック状態があるところをみればアナフィラキシー・ショックというべきか。

いや、何らかの恐怖心からくるのであるのなら心因性、精神性の過剰反応というふうに片づけてしまうというのが西洋医学に近い考えというところであろうか。

むしろすっぱりと、このような現象は「電磁波過敏症」同様に西洋医学の範疇に入らぬと言い切るのが正論であろう。

イレギュラーな情報は削除しても支障はあるまい。

では東洋医学的にみて、こうした現象が説明できるのであろうか。

実は中国医学にはこのような現象を逆に応用した伝統的な治療手法がある。

古代から実践されていた握薬(敷掌心法)というのがそれである。

薬味を手掌にのせるだけ、あるいは握らせるだけで薬(の気)が身体に作用し、治療としての効力を発揮するというものである。

このような治療に関しては、古くは中国の葛洪(二八三~三六三)や呉尚先(一八〇六~一 八八六)の医学書にも記述があることが知られている。

具体的に例を上げてみよう。

16世紀末に李時珍の著した『本草綱目』の石燕(化石の一種)に関する記述によると、これは通常には痔や下痢に効能があるとされるのだが、最も注目すべき用法は雌雄があるとされる石燕各一片づつを、陣痛に苦しむ妊婦の両手に握らせた時に顕れるという。

なんと、それだけで妊婦が苦痛から解放されるというのであるから面白い。

すでては「気」のレベルの話である。

これが本当に事実かどうかは試していないので何ともいえないが、ここから拡大解釈したにしても、実際に石燕に薬気なるものがあるか、いや膳に描かれた百合の絵に気があるか、さらに鼠の死骸や焼き味噌に気があるのかといわれれば、これ以上は私としても答えようがないわけである。

何かの気が出ているとするならば、それがある人にとっては薬気となり一方では邪気となるわけだし、あるいは気ではなくて何かの波動・信号波・微粒子が身体に対して作用しているとこじつけたにしても、もちろんこれではすぐさま科学的な答えとはなりえない。

しかしとにもかくにも、この動植物や薬気に感応し反応する現象、要するに抗原抗体反応を想起させるような人体の未知の部分には少なからず興味が湧くわけである。


余談であるが、かって「文化ゴリラ」とまでいわれ自ら肉体を鍛え上げた作家の三島由紀夫は意外にも海産物の蟹を極度に恐れたということである。

「蟹」の姿そのものはもちろんの事、蟹という字形さえも見るのを嫌って逃げたというから面白い。

まあ、意外といえば意外、世の中にはこういう不可思議なこともあるわけである。

ページトップに戻る